No.298: すばる望遠鏡が土星に3個の新衛星を発見

 国際天文学連合 (IAU) は、5月11日、土星に3個の新衛星が発見されたこと
を国際天文学連合回報 (IAUC) に発表しました。これらの新衛星は、シェパー
ド (S. S. Sheppard) さんらの研究チームによって、マウナケア山頂にある
“すばる望遠鏡”を用いた観測から発見されたものです。彼らの研究チーム
は、昨年6月にもすばる望遠鏡を用いた観測から土星に9個の新衛星を発見した
ばかりで、目覚ましい活躍と言えるでしょう。
 今回発見された新衛星には、それぞれ「S/2007 S 1」「S/2007 S 2」
「S/2007 S 3」の仮符号が付けられました。マースデン (B. G. Marsden) さ
んの計算によると、これらはそれぞれ895日、793日、992日で土星のまわりを
公転しており、また「S 2」と「S 3」の2衛星は公転方向が逆行であることが
判明しています。
 今回の発見により土星の衛星の数は、確実なものとして59個、不確かなもの
まで含めると62個となりました。この数は、太陽系の惑星で最も多い衛星を持
つ木星 (確実なもの62個、不確実なものを含めると63個) に肉薄するもので
す。
 参照:
  IAUC No. 8836 : S/2007 S 1, S/2007 S 2, AND S/2007 S 3 (2007 May 
11)
  惑星の衛星一覧 (国立天文台)
   http://www.nao.ac.jp/new-info/satellite.html
  国立天文台 アストロ・トピックス (220)
  “すばる望遠鏡”が土星に新衛星9個を発見
   http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000220.html
2007年5月16日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース