No.287: 国立天文台・三鷹キャンパスの見学コースが一気に拡大

 国立天文台の本部がある三鷹キャンパス (東京都三鷹市大沢) は、2000年7
月20日より毎日公開され、年間1万人以上の見学者が訪れています。このた
び、2007年4月1日より、見学コースを大幅に拡張することにしました。桜の花
や春の陽気が心地よいこの時期、三鷹キャンパスに見学にいらっしゃいません
か?

 三鷹キャンパス内は、雑木林が続き、鳥が鳴き、木漏れ日が射し、いまだに
武蔵野の面影を残す気持ちのよい場所で、どなたでも気軽に散策することがで
きます。
 今回のコース拡張により、従来より見学対象となっていたアインシュタイン
塔(外観のみ)、第一赤道儀室、天文台歴史館 (大赤道儀室) (注:以上の3つの
建物は国登録有形文化財に指定されています)、展示室等に加えて、新たに、
自動光電子午環、ゴーチェ子午環、レプソルド子午儀室 (当面は外観のみ)、
旧図書庫 (外観のみ) の見学ができるようになりました。特に、自動光電子午
環の周りの緑地帯は、武蔵野の自然を実感できる格別な空間になっています。
また、ゴーチェ子午環は、その重厚な作りから人気の高い観測機器です。
 見学コースは、土・日曜、祝日を含めた毎日10時から17時まで (受付は16時
30分まで)、公開しています。事前の予約は必要ありません。(50名以上の団体
でお越しの場合は、事前にご連絡ください。) 正門受付にて受付手続きを済ま
せ、見学者用ワッペンとパンフレットをお受け取りください。
 三鷹キャンパスでは、昼夜を問わず、さまざまな研究、実験、観測が行われ
ていますので、設定されたコース内で見学をお楽しみください。また、見学者
用駐車場はございませんので、自動車・バイクによる来台はご遠慮ください。
自転車でお越しの方は駐輪場をご利用ください。

 なお、毎年秋に実施している三鷹キャンパスの「特別公開」は、今年は10月
27日の予定です。こちらにもぜひご訪問ください。

参照:
 三鷹キャンパスへの交通案内 (国立天文台)
  http://www.nao.ac.jp/about/mtk/access/index.html

 三鷹キャンパス常時公開エリア拡大のお知らせ (国立天文台)
  http://www.nao.ac.jp/kengaku.html

      2007年3月29日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース