No.286: 西村さん、中村さんがへびつかい座に新星を発見

 静岡県掛川市の西村栄男 (にしむらひでお) さんが、3月19日 (世界時、以
下同様) の観測から、へびつかい座に新星を発見しました。この天体は、焦点
距離200ミリメートル、f/4.0のレンズを取り付けたカメラで撮影された2枚の
画像の中から発見され、中野主一 (なかのしゅいち) さんを通じて国際天文学
連合に報告されました。
 西村さんは発見前の3月17日にもこの位置を観測していましたが、新星らし
き天体は何も発見されませんでした。また、自身で2005年以降に撮影したフィ
ルム (限界等級 11.5-12等) を調べましたが、限界等級よりも明るい星はあり
ませんでした。
 また、三重県亀山市の中村祐二 (なかむらゆうじ) さんは、フィルターなし
のデジタル・カメラで撮影した画像から、同天体を独立発見しました。この発
見は、九州大学の山岡均 (やまおかひとし) さんを通じて国際天文学連合に報
告されました。
 さらに、埼玉県上尾市の門田健一 (かどたけんいち) さんは、3月20日に口
径25センチメートル反射望遠鏡 (f/5) の観測から、この天体の明るさが9.8等
に増光していること、USNO-A2.0星表ではこの位置の0.1分角以内には何も天体
がないことを確認しました。
 山形県山形市の板垣公一 (いたがきこういち) さんも、3月20日に口径30セ
ンチメートル反射望遠鏡 (f/7.8) を用いて、9.7等の天体を確認しています。


 以下はこの天体の観測値です。

 天体の位置は、門田健一さんが測定した値です。
   西村さんの発見日
    2007年3月19.812日 = 3月19日19時29分  10.2等
   中村さんの発見日
    2007年3月20.812日 = 3月20日19時29分  10.0等
   赤経  17時42分44.00秒
   赤緯 -23度40分35.1 秒  (2000年分点)
 その後、兵庫県立西はりま天文台の内藤博之 (ないとうひろゆき) さん、鳴
沢真也 (なるさわしんや) さんによる分光観測で、スペクトル線に新星の示す
特徴が認められました。

 今年に入ってから、日本人の活躍による新星の発見が相次いでいます。
 2月4日には中村さん・櫻井さんがさそり座に、2月19日には今回の天体を発
見した中村さん・西村さんが同じくさそり座に、3月15日には多胡さんがはく
ちょう座に新星を発見しています。(国立天文台 アストロ・トピックス 
(270),(274),(282))

参照:
 CBET No. 900 : APPARENT NOVA IN OPHIUCHUS (2007 Mar 21)
 VSOLJ ニュース (173)
  西村さん、中村さん、へびつかい座に新星を発見 (2007年3月21日)

      2007年3月23日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース