自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.276: 太陽観測衛星「ひので」がとらえた月のでこぼこ

 太陽観測衛星「ひので」は、2007年2月18日1時 (日本時) に、衛星の軌道上
で起きた部分日食を観測しました。今回の日食は地上では見ることはできず、
地上約700キロメートルを周回する衛星軌道でのみ起きたものです。ひのでか
ら見て、太陽の手前 (の南側) を月 (の北側) が通過して、日食が起こりまし
た。
 0.2秒角の分解能を誇る可視光・磁場望遠鏡 (SOT) では、太陽面を隠した月
の陰から、月の縁の地形のでこぼこを捕えることができました。月面での0.2
秒角は約400メートルに相当します。また、観測画像の月の縁の形から、その
付近にあるクレーターを割り出すことができました。
 この観測画像は画像解析により、分解能をさらに10倍以上 (月面で40メート
ルより小さいものを判別できる程度) にまで引き上げることができると見込ま
れています。月の縁を真横から見ているため、月面上での高さが精度良く割り
出せるようになります。このようにして得られた月面の高度データは、宇宙航
空研究開発機構 (JAXA) が今年打ち上げる予定の月探査周回衛星 (SELENE :セ
レーネ) に搭載されるレーザー高度計による観測データとの比較に活用できる
と期待されています。
 ひのでミッションとしては、今回得られた観測データを用いて、本来真っ暗
な月の陰に回り込む太陽光、すなわち光学系の散乱光の影響を解析し、今後の
観測精度の向上に役立てます。
 また、X線望遠鏡 (XRT) では、太陽コロナを背景に、陰となった月が通過す
る様子がとらえられています。

 これらの詳細な画像は、以下のWebページにて公開されました。ぜひ、ご参
照ください。

参照:
 部分日食観測 ~月の凹凸が見えた!~(国立天文台 ひのでホームページ)

  http://hinode.nao.ac.jp/news/070217Eclipse/

      2007年2月27日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース