No.275: 近傍渦巻銀河の電波写真集完成 ~マルチビーム受信機"BEARS"による世界最大のデータベース~

 国立天文台と筑波大学の研究者を中心とするチームが、近傍渦巻銀河の分子
ガスに関する、世界最大のデータベースを完成させました。
 銀河の進化を理解するためには、銀河内のガスを詳しく調べ、銀河での星形
成がどのように進むのかを解明することが不可欠です。渦巻銀河には分子ガス
が多量に存在し、現在でも星が誕生しているので、格好の観測対象です。ただ
し、周りの環境や内部の構造は多様なので、多くの渦巻銀河の性質を比較しな
ければ、一般的な性質を導くことはできません。そのため様々な種類の銀河を
観測し、分子ガスが銀河の中でどのように分布しているのかを調べたアーカイ
ブデータが望まれていました。しかし、銀河の分子ガスが出す電波は微弱なた
め、観測には非常に長い時間がかかります。そのため、分子ガスの分布やその
運動が詳細に調べられていたのは、地球に比較的近く電波の強い数個だけでし
た。そこで開発されたのが、従来の25倍の効率で観測できるマルチビーム受信
機BEARS (注1) です。これを野辺山宇宙電波観測所の45メートル電波望遠鏡に
搭載することによって、世界最高の感度・角分解能 (約15秒角、注2) と、広
い領域を効率よく観測する能力を同時に実現することができました。
 今回、研究チームは、数年間にわたり、一酸化炭素分子の出す電波を観測す
るプロジェクトを行い、これまでにない40個の渦巻銀河のデータベースを完成
させました。これは、野辺山45メートル電波望遠鏡とBEARSの組み合わせに
よって、初めて可能となったもので、大口径単一鏡によるものとしては世界最
大です。このプロジェクトで観測された渦巻銀河は、地球からの距離がおよそ
8000万光年以内にあります。そして、渦巻腕の弱いものと強いもの、渦巻構造
の中心に棒状構造を持つものと持たないものなど、様々な種類の渦巻銀河が含
まれています。
 この観測結果から分子ガスの渦巻構造や棒状構造が鮮やかに分解されている
のがわかりました。また、強い棒状構造を持つ銀河ほど分子ガスが中心部 (銀
河の中でも活動銀河核や爆発的星形成など特に活動的な領域) へ集中している
ことや、その影響により銀河間ガスの豊富な銀河団の中には、星間ガスのほと
んどが分子ガスになっている銀河があることなどがわかってきました。さらに
研究が進めば、渦巻銀河の進化やその銀河が存在する環境からの影響などを調
べるための貴重なデータとなるでしょう。
 このデータはインターネット上のホームページで世界中の天文学者に公開さ
れています。研究チームでは、このデータベースを利用して今後さらに多くの
成果が出るものと期待しています。
 
注1) BEARS:25-BEam Array Receiver Systemの略。25のビームをもつ世界最
大のマルチビーム受信機。一度に天体の25箇所の電波強度を測定できるため、
従来の25倍の観測効率をもつ。
注2) 角分解能:どれくらい細かい構造を分解できるかの指標で、天空上の角
度で表す。
 
参照:
 野辺山宇宙電波観測所
 
      2007年2月26日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース