No.273: 宇宙飛行士の土井さん、NGC 4030 銀河に超新星を発見

 宇宙飛行士の土井隆雄 (どいたかお) さんが、2月18日 (世界時、以下同)、
おとめ座方向にある NGC 4030 銀河の中に15.7等の超新星を発見し、「超新星
2007aa」と命名されました。この超新星は、土井さんご自身がお持ちの口径40
センチメートル (f/10) 反射望遠鏡にCCDカメラを取り付け撮影した画像の中
から発見しました。私たちの銀河系の外にある銀河としては明るい超新星の発
見となります。
 以下は土井さんが発見した超新星の観測値です。
発見日: 2007年2月18日7時24分 等級:15.7等
赤経 12時00分27.69秒
赤緯 -1度04分51.6秒 (2000.0分点)
 この超新星は NGC 4030 銀河中心から北に68秒角、東に60秒角ほど離れたと
ころにあり、明るい渦巻き腕のやや外側にあたります。また、土井さんはDSS 
(注1) (赤色で限界等級22等) でもこの銀河を確認しましたが、そこには何も
写っていませんでした。また、中野主一 (なかのしゅいち) さんの報告により
ますと、2月19日に板垣公一 (いたがきこういち) さんが、この超新星の明る
さ (15.8等) と位置を測定し、赤経12時00分27.67秒、赤緯-1度04分51.7秒の
値を得ました。同じく、西はりま天文台でも同夜に口径2メートルの反射望遠
鏡で撮影したCCD画像の中に15.7等を確認しています。また、外国の天文台で
もこの星の分光観測が行われました。その結果、爆発後20日ほど経過したと思
われる水素の多いタイプII型の超新星と似ていることが分かりました。
 土井さんは東京都出身です。子供の頃から自然科学に関心をもち、趣味とし
て天文観測を続けてきました。そして2002年には超新星2002gwを発見していま
す (国立天文台 天文ニュース 593)。また、NASAミッションスペシャリスト (
搭乗運用技術者) に認定され、宇宙飛行士としても活躍中で、来年1月に再び
スペース・シャトルに乗って宇宙へ向かう予定です。
 
(注1): DSS (Digitized Sky Survey) は、米国にあるパロマー天文台のサ
ミュエル・オシン・シュミット望遠鏡と、オーストラリアにあるアングロ・
オーストラリア天文台の英国シュミット望遠鏡を用いて、全天を撮影し、デジ
タル化したもの。限界等級は天域によって変わっているが、平均的には20等級
前後の天体まで写っています。
 
参照:
 CBET No. 848 : SUPERNOVA 2007aa IN NGC 4030 (2007 Feb 19)
 CBET No. 850 : SUPERNOVA 2007aa IN NGC 4030 (2007 Feb 19)
 
      2007年2月20日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース