自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.271: 海王星の衛星に新しい名前

 国際天文学連合(IAU)は、2月3日、海王星の衛星13個のうち、仮符号だけが
つけられていた5個に対して、固有の名前がつけられたことを発表しました。
 このうち、S/2002 N 1 から N 4 までは、ハーバード・スミソニアン天体物
理学センターのホールマン (M.Holman) さんらによって2002年8月から9月にお
こなわれた観測から、S/2003 N 1 はハワイ大学のシェパード (S.S.Sheppard)
さんらによってすばる望遠鏡で2003年8月におこなわれた観測から発見された
ものです。
 以下が、新しい衛星名などの一覧です。
番号	衛星名	仮符号
Neptune IX	Halimede	= S/2002 N 1
Neptune X	Psamathe	= S/2003 N 1
Neptune XI	Sao	= S/2002 N 2
Neptune XII	Laomedeia	= S/2002 N 3
Neptune XIII	Neso	= S/2002 N 4
 この命名により、海王星の衛星13個すべてに固有の名前がつきました。
 
参照:
 IAUC No.8802 : SATELLITES OF NEPTUNE (2007 Feb 3)

 IAUC No.8213 : S/2001 U 2 AND S/2002 N 4 (2003 Oct 1)

 IAUC No.8193 : SATELLITES OF NEPTUNE (2003 Sep 3 )

 IAUC No.8047 : SATELLITES OF NEPTUNE (2003 Jan 13 )

 「惑星の衛星一覧」国立天文台

 「Astrogeology Research Program」 USGS
 
      2007年2月9日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース