No.264: 野辺山レインボー干渉計が解き明かす暗黒の宇宙~88億年前の怪物銀河で星の材料が大量に見つかった!~

 国立天文台の伊王野大介研究員、東京大学大学院生の田村陽一氏らの研究グ
ループは、野辺山レインボー干渉計を使って、うしかい座の方向の約88億光年
(ビッグバンから約48億年後、現在の宇宙年齢の約35%) 先の宇宙にある
MIPS-J1428 という銀河から、世界で初めて一酸化炭素分子ガス (以下、分子
ガスと略記) を検出することに成功しました。その分子ガスの量は、私たちが
住む天の川銀河に存在する分子ガスの実に30倍にも相当します。一般的に分子
ガスは銀河を形作る星々の材料です。また最近の研究から MIPS-J1428 は天の
川銀河の1000倍以上のスピードで星を生み出している「怪物銀河」であること
がわかっています。したがって、今回の我々の発見は、MIPS-J1428 が星の材料
を非常に大量に抱え、活発に星を生み出し急激に成長している若い銀河、いわ
ば「巨大銀河の赤ちゃん」であることを示しています。

 MIPS-J1428 のような非常に大規模な銀河の赤ちゃんは100億年以上昔の宇宙
にも数個発見されていました。しかしながら、我々の観測によって、より現在
に近い88億年前の宇宙にも分子ガスを大量に抱えた大きな銀河の赤ちゃんが存
在していた事実が明らかになりました。どうやら、もっと最近まで銀河の誕生
は続いていたようです。実はこの時代は宇宙全体でもっとも星形成が活発だっ
た、いわば宇宙のベビーブームの時代である、という説が有力でした。したが
って、今回の我々の発見はこの説をサポートする重要な結果であることはもち
ろんのこと、私たちが住む天の川銀河の誕生をひも解く手がかりを提供するも
のです。

 なお、研究グループは世界屈指の集光力をもつレインボー干渉計をもってし
ても MIPS-J1428 からやってくる非常に微弱な電波を検出するのに6時間かか
りました。しかし、ALMA (アルマ;日米欧が協力して南米チリに建設中のアタ
カマ大型ミリ波サブミリ波干渉計のこと)を使えば同じような天体をわずか5秒
で観測できるようになります。ALMAが完成する2012年以降には MIPS-J1428 の
ようなガスと塵をまとった若い銀河が何千個とみつかり、毎日のように大発見
が続くでしょう。

 なお、この研究論文は日本天文学会欧文誌 (PASJ) Vol.58,No.6 (2006年12月
25日発行)に掲載されました。

参照:
 「野辺山レインボー干渉計が解き明かす暗黒の宇宙」国立天文台


     2006年12月26日             国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース