No.252: 明るくなった「スワン彗星」

 夕方の空で、スワン彗星(C/2006 M4 (SWAN))が予想外に明るくなっています。

 スワン彗星は、今年6月に太陽観測衛星SOHO(Solar and Heliospheric
Observatory)の太陽風異方性検出装置SWAN(Solar Wind Anisotropies)による
画像から発見された新彗星です。太陽の近くで見つかったため、発見後しばら
くは太陽から離れず、地上からは見づらい位置でしたが、10月中旬からは夕方
の西空で比較的条件よく観測できるようになりました。国内でも、約6等とい
う肉眼でぎりぎり見える程度の明るさで観測されていました。

 ところがこの彗星が、10月24日頃に約2等級も明るくなったことが伝えられ
ました。彗星は、しばしば大量のガスや塵を一時的に放出し、突発的に明るく
なることがあります。「アウトバースト」という現象です。国際天文学連合回
報(IAUC),No 8766によれば、10月23.75日(世界時、以下全て同じ)5.9等、
24.04日5.4等、24.77日4.0等と増光した様子が報告されています。

 現在、スワン彗星はヘルクレス座を移動中です。11月いっぱいは、夕方日没
1時間後の西空で、地平線から40度~50度の高さで見ることができます。この
増光が一時的なものなのかどうか、現段階ではわかりませんが、現在も4等台
を保っている模様です。今後もこの増光状態が続くようならば、しばらくの間
は双眼鏡でも簡単に彗星を見ることができそうです。

参照: 
  IAU Circular No. 8766 (2006 Oct 25) : C/2006 M4

        2006年11月1日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース