自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.247: 板垣さん、やまねこ座の銀河に超新星らしき天体を発見

 山形県山形市の板垣公一(いたがきこういち)さんが、10月9日(世界時)の観
測から、13.8等の超新星らしき天体を発見しました。
 この天体は、やまねこ座の銀河UGC 4904の中にあり、口径60センチメートル
の反射式望遠鏡(f/5.7)を使ってCCDで撮影された多くの画像の中から発見され
ました。
 この発見は、兵庫県の中野主一(なかのしゅいち)さんを通じて国際天文学連
合電報中央局に報告されました。その後、T.パケット(T.Puckett)さんとR.ゴ
レリ(R.Gorelli)さんも、板垣さんの発見とは独立して、10月10日に撮影した
画像からこの天体を発見しました。

 以下は、板垣さんによって発見された天体の観測値です。

    天体が発見された日時・等級・位置
    発見日:2006年10月9.752日=10月9日18時03分 (世界時)前後 13.8等
    赤 経:9時17分20.78秒
    赤 緯:+41度54分32.7秒 (2000年分点)

 天体は、UGC 4904銀河の中心から、西に11秒角、南に7秒角離れた位置にあ
ります。

 板垣さんは、2004年にも、今回発見した天体にきわめて近い位置に、超新星
らしき19.0等の天体を捉えたことがあります。当時、DSS(Digitized Sky Surv
ey)が青色で撮影した画像を調べたところ、1953年、1990年、1995年に撮影さ
れた画像にも、その天体に近い位置に恒星状の天体が写っていることがわかり
ました。このため、同じ天体が変光している可能性も考えられましたが、追加
観測の報告がないまま、天体は暗くなってしまいました。
 今回の天体が2004年の天体と同じものなのかどうか、また、超新星なのかど
うかは、今のところはっきりわかっていません。今後の詳しい観測が待たれま
す。

 この天体が超新星だとすれば、板垣さんご自身による超新星の発見は今年だ
けですでに8個目(独立発見を含む)となり、通算での超新星発見数は合計24個
となります。日本人アマチュア天文家による超新星発見個数の最多記録をさら
に更新中です。


参照:
   国立天文台 アストロ・トピックス (244)
     板垣さん、おおぐま座に超新星を発見 (2006年9月25日)

   国立天文台 アストロ・トピックス (245)
     板垣さん、さんかく座に新星を発見 (2006年10月4日)

   CBET No.666 : POSSIBLE SUPERNOVA IN UGC 4904 (2006 Oct 11)

       2006年10月11日           国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース