自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.220: “すばる望遠鏡”が土星に新衛星9個を発見

 国際天文学連合回報(IAUC),No 8727 によると、ハワイ大学のデービッド・
ジューイット(David Jewitt)らの研究チームは、マウナケア山頂にある“すば
る望遠鏡”を用いて、土星に新しい衛星9個を発見しました。
 彼らの研究チームは、昨年5月にも、すばる望遠鏡、ケック望遠鏡、ジェミニ
北望遠鏡などの望遠鏡群を用いて、土星に新しい衛星12個を発見していますが、
今回の発見はそれにつぐ快挙です。

 今回確認された衛星は、S/2004 S19の1個とS/2006 S1-S/2006 S8までの8個の
計9個です。スミソニアン研究所のブライアン・マースデン(B.G.Marsden)は、
2004年12月~2006年4月までの観測から得られたデータの位置測定や解析を行い
ました。その結果、今回発見された新衛星は、土星の自転と反対向きに周期862日
~1300日で軌道上を運行している逆行衛星であることが判明しました。

 最近の新衛星発見ラッシュには目を見張るものがあります。それはこれまで
発見されなかった小さく暗い衛星を発見するためには、大きな集光力と高分解
能を有する“すばる望遠鏡”のような大型望遠鏡が大きく寄与しています。

 土星は太陽系第6惑星で、木星についで2番目に大きく、美しいリングを持っ
ていることで知られています。しかし、平均密度は意外に小さく、水に入れる
ことができれば浮んでしまうほどです。

 今回の新衛星発見により、土星の衛星の総数は56個、不確かなものも含めれば
59個となり ます。このうち衛星に名前がついているのは34個あります。衛星数
では木星の衛星63個についで引き続き惑星2番目の衛星数を保持しています。



参照:
  国立 天文台 ハワイ観測所 (すばる望遠鏡); 土星の新衛星、12個を発見
     http://subarutelescope.org/Pressrelease/j_index_2005.html#050509
  国立天文台アストロ・トピックス (104) : すばる望遠鏡、土星の新衛星 12
  個発見 
    http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000104.html

 IAUC No 8727 : Satellites of Saturn  (June 30 2006)
  Minor Planet Electronic Circular MPEC 2006-M44,: S/2004, S19
  Minor Planet Electronic Circular MPEC 2006-M45,:Eight New Satellites of
   Saturn
  Minor Planet Electronic Circular MPEC 2006-M48,:S/2006 S2, S5, S8
  NASAのホームページ:Solar System Exploration
     http://solarsystem.nasa.gov/planets/


      2006年7月7日                  国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース