自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.200: 関東地方を中心に非常に明るい火球が出現

 3月29日の午後8時24分頃、関東一円、東北、甲信越、東海地方など広い地域
において「非常に明るい光跡が夜空を横切るのを目撃した」という報告や問い
合わせが多くの市民から国立天文台に寄せられました。また、同夜、テレビな
どでも、ニュースとして報道されました。目撃情報の内容は、明るさや色につ
いては報告者ごとに若干異なりますが、見えた時刻や移動方向が、ほぼ同じで
あることから同一現象を指しているものと思われます。
 さて、届いた報告情報をまとめると、同日同時刻ころ、「関東地方ではほぼ
頭上から東南方向に向け、明るい発光体が通常の流星の明るさよりも遥かに明
るく、尾を引きながら移動してゆくのを見た。明るさは金星の最大時の光度
(マイナス4等星)のときよりも明るく、発光体の頭部は白色をしていて尾の部分
は黄と赤色が混ざったような配色だった。10秒間近く見えていた」というもの
でした。
 国立天文台では寄せられた情報を総合的に判断の結果、この日の現象は明る
い「火球」であったと強く推測しています。厳密な定義はありませんが、「火
球」とは、流星の中でも特に明るいもの(金星と同じ程度かそれ以上に明るい
もの)を指します。一方、隕石とは、地球の外からやってきた物質が大気中と
の摩擦によって蒸発しきらずに、地上に落下したものを言います。今回の火球
が地上に落下したという情報はありません。
 因みに、このような明るい火球が目撃されたのは今年初めてですが、最近で
は、2004年7月に高知県付近に、2005年5月にはそれぞれ別々に紀伊半島南方太
平洋上と山梨県上空などに、火球が出現したのが目撃されています。毎年数個
程度の火球が出現しているようです。

      2006年4月4日           国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース