自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.154: VSOPチームが本年の国際宇宙航空学会からチーム栄誉賞を受賞

 スペースVLBI(超長基線干渉計)を世界最初に実現したVSOP(VLBI Space
Observatory Programme)チームが、今年のIAA(国際宇宙航空学会: International
Academy of Astronautics)によるチーム栄誉賞(Laurels forTeam Achievement
Award)を受賞します。授賞式は10月16日から福岡で開催される、第56回 国際
宇宙会議の初日に行なわれる予定です。

 電波による天文観測は、波長が長いために空間分解能(視力に相当)が良くあ
りません。VLBIという手法は、それを飛躍的に向上させる電波望遠鏡です。
VSOPは電波天文学者の長年の夢であったスペースVLBI観測を実現し成功させま
した。VSOPチーム全体を代表して、中心的役割を果たして来た宇宙航空研究開
発機構 宇宙科学研究本部(JAXA/ISAS)の平林久(ひらばやしひさし)教授、廣澤
春任(ひろさわはるとう)名誉教授、村田泰宏(むらたやすひろ)助教授はじめ、国立
天文台(NAOJ)からは、井上允(いのうえまこと)、川口則幸(かわぐちのりゆき)、
小林秀行(こばやしひでゆき)各教授ら、また、折井武(おりいたけし)氏(NEC東
芝スペースシステム(NTS))、三好一雄(みよしかずお)氏(三菱電機(MELCO))、
および外国から、P.Dewdney(P.ディユードニー; カナダドミニオン電波天文
台(DRAO))、E. Fomalont(E.フォマロン; 米国立電波天文台(NRAO))、
L. Gurvits(L.グルビッツ;オランダ欧州VLBI連合研究所(JIVE))、D. Jauncey
(D.ジョンシー; オーストラリア連邦科学工業研究機関(CSIRO))、R. Preston
(R.プレストン; 米国航空宇宙局 ジェット推進研究所(NASA/JPL))、J. Romney
(J.ロムニー; 米国立電波天文台(NRAO))、J. Smith(J.スミス; 米国航空宇宙局
ジェット推進研究所(NASA/JPL))各氏らのメンバーが受賞しました。

 VSOPは国立天文台が当時の宇宙科学研究所と協力して1997年2月12日に打上げ
られた工学試験衛星「はるか」を中心としたミッションです。これは世界14か
国の25台の電波望遠鏡、日本、米国、スペイン、オーストラリアの5カ所に配備
された衛星追尾局、国立天文台三鷹、米国、カナダの3局の相関局、および宇宙
科学研究本部と米国の衛星軌道決定チーム、等々の緊密な国際協力とチームワー
クによって実現したものです。国立天文台三鷹では相関器を建設・運用し、そ
の相関器によって「はるか」と地上望遠鏡との世界初の干渉の検出に成功しま
した。

 衛星「はるか」は780回ものVSOP観測を行ないました。超高解像度の特長を生
かし、活動銀河中心核(AGN)の中心にある超巨大ブラックホールから噴き出す、
相対論的なジェットの複雑な内部構造や、ブラックホールの周辺を取巻く高密度
のガスの存在を明らかにしてきたほか、ジェットの先に広がるガス(ローブと呼ば
れる)の”動き”を初めて捉えるなど、宇宙の中で最もコンパクトで高い活動性を
示す天体の解明に大きく貢献しています。しかし相対論的なジェットがどのよう
にして生成されるのか、また巨大ブラックホールの周囲で高速で回転している
降着円盤についてなど、多くの研究者が興味を持っている問題はまだ残されて
います。これらの問題は、VSOPの能力をさらに発展させた次期スペースVLBI計画
(VSOP-2計画)によって、詳しく解明されるのではないか、と期待されています。

参照:国立天文台 スペースVLBI推進室 http://vsop.mtk.nao.ac.jp/
    VSOPチームが本年の国際宇宙航空学会からチーム栄誉賞を受賞
             http://vsop.mtk.nao.ac.jp/2005/IAApr-NAOJ.pdf
   IAA(国際宇宙航空学会: International Academy of Astronautics)
             http://www.iaanet.org/
    受賞詳細     http://www.iaanet.org/awards/laurels.html

       2005年10月14日            国立天文台・広報室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース