自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.108: 出現するか、6月中旬の新流星群

 梅雨空に新しい流星群が見られるかもしれない、という可能性が指摘されて
います。この流星を生み出すのではないか、と思われているのは、今年の5月に
新しく発見されたカタリナ彗星(P/2005 JQ5 (Catalina))です。

 この彗星は公転周期が4.4年の短周期彗星なのですが、その軌道が6月中旬か
ら下旬にかけて、地球に接近していることが判明しました。彗星の軌道が地球
の軌道平面を通過している昇交点に、地球が最も接近するのは7月1日で、その
時の距離は約1千4百万キロメートルです。この距離だと流星が出現するにはや
や遠いのですが、この彗星の軌道は地球の軌道面に近いために、実際に彗星の
軌道と地球軌道が最接近する場所があります。この地点を地球が通過するのは
6月12日から13日になり、接近距離も360万キロメートルとかなり近くなります。
 彗星の軌道が地球の軌道にこれだけ接近していると、その地点を地球が通過
する時期に、彗星から放出された塵粒が地球大気に多数突入し、流星群となる
可能性があります。したがって、6月12日から13日に流星群が見られるかもしれ
ない、というわけです。流星群が出現したとすると、その放射点の方向は、さ
そり座の北西部になると予想されています。日本でも深夜日付が変わる頃に南
中する場所ですから、月明かりの邪魔もなく、観測条件としては悪くないでしょ
う。

 しかしながら、流星出現に対しては悲観的な見方も多いようです。もともと、
この彗星はそれほど明るい活発なものではなく、流星になるような塵粒の放出
量も低いと考えられます。たとえ流星となる塵の帯が形成されていたとしても、
日本流星研究会の佐藤幹哉(さとうみきや)氏の計算では、すべて地球軌道より
ずいぶん内側に入り込んでしまっていて、地球軌道にはまともに交差しておら
ず、まとまった流星出現はないだろうと予測しています。

 いずれにしろ梅雨の時期ですので、晴れる可能性は少ないかもしれませんが、
もし晴れることがあれば、未知の流星群に出会う期待を込めて、夜空を眺めて
みたいものです。

参照:SKY & TELESCOPE AstroAlert: Possible Meteors from P/2005 JQ5 (Catalina).
   IAUC 8531     (May. 17 2005).
   MPEC 2005-K14 (May. 17 2005).

      2005年6月10日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース