No.093: 4月9日の金環皆既日食

 日食とは、月が太陽を隠す現象で、「太陽-月-地球」と並んだ際に月の影に
地球が入ると、地上からは太陽が月の陰に隠れて見えなくなります。
 太陽の周りを回る地球の軌道が完全な円ではなく、地球-太陽間の距離が少し
ずつ変化することと、地球の周りを回る月の軌道も完全な円ではなく、地球-月
間の距離も変化するため、月の影の地表での投影の様子は、時によって変わり
ます。二つの変化が組み合わさって、月が作る円錐形の本影(ほんえい)の先端
が地表に届く場合と、届かない場合ができます。本影が地表に届く場合は、そ
の本影の中に入ると太陽が月に完全に隠されます。この場合を「皆既(かいき)
日食」と言います。また、本影が地表に届かない場合、上空で一点に集束した
影は再び広がり、擬本影(ぎほんえい)を作ります。この擬本影の中に入ると、
月が地表から遠いために小さく見え、太陽を隠しきれません。月の周りに、明
るい太陽がリング状にはみ出して見えることになります。これを「金環日食(き
んかんにっしょく)」と言います。
 皆既日食の場合も金環日食の場合も、本影や擬本影の周りには「半影(はんえ
い)」ができます。この半影の中に入ると、太陽の一部分が月に隠されて見えま
す。これを「部分日食」と言います。部分日食は、皆既や金環が見られる地域
の周囲の、かなり広い地域で見ることが出来ます。 


 残念ながら日本からはその部分日食すら見ることは出来ませんが、2005年4月
9日早朝(日本時間)に「金環・皆既日食(ハイブリッド日食)」という珍しい日食
が起こります。
 通常の日食では、先の「皆既日食」または「金環日食」になりますが、今回
の日食では、月と太陽のみかけの大きさが、太平洋上の2点(ニュージーランド
沖と中米沖)でまったく同じになるため、2点の間では皆既日食、両側では金環
日食という珍しい日食になります。
 1つの日食帯の中で、金環食と皆既日食の現象が起こる事は大変珍しく、前回
の金環皆既日食は1987年に起こりました。また、次回は、2013年に起こります。


 この珍しい日食を LIVE! ECLIPSE 2005 という団体が2地点(金環日食地点と皆
既日食地点)からインターネットにより中継を行う予定です。
 土曜日の早朝の中継となりますが、早起きして見たいものです。

参照:LIVE! ECLIPSE 2005 http://www.live-eclipse.org/
        (日本語URL http://日食中継.JP/)

      2005年4月8日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース