自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.089: 地上大望遠鏡群、ディープ・インパクト突入観測の共同で公募

 今年の7月4日に予定されているアメリカのディープ・インパクト・ミッショ
ンに対応して、すばる望遠鏡を含めた日米の地上大望遠鏡群が共同で観測提案
を公募することになりました。

 ディープ・インパクトとは、NASA(アメリカ航空宇宙局)が1月に打ち上げた彗
星探査機です。半年かけて、周期彗星であるテンペル第一彗星(9P/Tempel 1)に
接近し、探査することになっています。
 この探査の最大の特徴は、探査機から重さ約370キログラムのインパクターと
呼ばれる衝突機を分離し、テンペル第一彗星の核に衝突させようという野心的
な探査計画です。この衝突機の突入によって、彗星核には数十メートルほどの
クレーターが形成され、同時に衝突発光が起こる可能性が指摘されています。
また、内部のフレッシュな氷が露出して、そこから激しく蒸発が起こり、彗星
活動が大きく変化する可能性もあります。いずれにしろ、この探査は彗星の性
質やクレーター形成過程を調べる上で、非常に貴重な機会であることはまちが
いありません。そのため地上の望遠鏡では、この前後に特別の観測枠を設けて
いるところが多くなっています。

 突入時刻は、現在のところ7月4日6時10分(世界時)と予定されています。これ
は、すばる望遠鏡があるハワイ時間では7月3日20時10分に相当し、薄明終了前
後で十分に観測ができますが、欧州の地上大型望遠鏡があるチリではすでに彗
星が沈んでおり、突入時の観測はできません。

 国立天文台のすばる望遠鏡では、ディープ・インパクト探査を支援するため、
すでに所長裁量による観測時間が確保されていますが、このほどハワイ・マウ
ナケア山頂にあるケック望遠鏡1号機・2号機、および北天ジェミニ望遠鏡、そ
れにチリにある南天用ジェミニ望遠鏡と共同で観測提案の公募をすることなり
ました。それぞれの望遠鏡で、各望遠鏡の特徴を最大限に生かした観測ができ
るよう、三つの観測所長間で調整を行うことを前提としています。また、どの
観測所で取られたデータも、その質を確認した後に直ちに一般公開されること
になっています。このような共同での観測提案の公募は初めての試みで、その
成果が大いに期待されるところです。

参照:ディープ・インパクト探査機ホームページ
                   http://deepimpact.jpl.nasa.gov/
   すばる望遠鏡(国立天文台ハワイ観測所)
                   http://www.SubaruTelescope.org
   ケック観測所          http://www2.keck.hawaii.edu
   ジェミニ観測所         http://www.gemini.edu

      2005年3月20日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース