No.079: 広瀬さん、NGC691 に超新星を発見

 神奈川県茅ヶ崎市の広瀬洋治(ひろせようじ)さんが、「おひつじ座」の渦巻
銀河 NGC691に、超新星が現われているのを発見しました。
 広瀬さんは、2月1日夜(日本時)に口径35センチのシュミット・カセグレン望
遠鏡にCCDを装着して撮影した8枚の画像から、NGC691 に、15.2等級の超新星と
思われる天体があるのに気付きました。この発見は洲本市の中野主一(なかのしゅ
いち)氏を通して国際天文学連合に報告され、発見された天体は、超新星として 
SN 2005W の認識符号が与えられました。
 この超新星は、NGC691 の中心から東に56秒、南に1秒ほど離れた位置にある
と報告され、広瀬さんが測定した位置は、

                 赤経       1時50分45.75秒
                 赤緯     +21゜45' 35.6"      (2000.0)
です。

 アメリカの超新星自動検出サーベイKAIT (Katzman Automatic Imaging Telescope)
では、広瀬さんの発見報告があった場所に 14.7等級天体を確認しました。
 超新星の型はまだわかりません。


 広瀬さんの発見は2002年1月29日に「うお座」の銀河M74の極超新星(国立天文
台 天文ニュース(519)、同 (522))「しし座」の銀河NGC3190の超新星(同(535))
に次いで3つめです。

参照:IAUC 8475(Feb. 2,2005)

      2005年2月2日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース