自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.070: 明るくなってきたマックホルツ彗星

 2005年のお正月明けの夜空には、宇宙からのお年玉が輝きそうです。
 2004年夏に発見されたマックホルツ彗星(C/2004 Q2 (Machholz))が地球に近
づき、明るくなってきているからです。

 この彗星は、アメリカ・カリフォルニア州に住むアマチュア天文家・マック
ホルツさんが、2004年8月27日に、口径15センチメートルの反射望遠鏡でエリダ
ヌス座に発見したものです。発見されたときには11等級とたいへん暗かったの
ですが、その後、太陽に近づくと共に、地球にも近づき、明るくなってきまし
た。12月下旬には、すでに4等星となって、星のよく見えるところなら肉眼でも
確認できるほど明るくなっています。

 地球に最も近づくのは、お正月休み明けの1月6日、太陽に最も近づくのが1月
25日ですので、年明けから1月下旬にかけては、3等級ほどの明るさになると期
待されています。
 さらに、この彗星が見やすい理由は、この時期に南の空から北上を続け、北
半球からは眺めやすい位置に来ることです。
 日本では、1月中旬にはほぼ頭の真上に輝くようになります。彗星の高度が高
く、観測条件がよい時間帯が午後8時頃と夜半前であることも、観察しやすいと
いえるでしょう。さらに、北上を続ける途中、1月7日から9日にかけて、おうし
座の中にある有名な散開星団「すばる(M45、プレアデス星団)のそばを通過しま
す。彗星を広い夜空の中から探し出すのは、初めての人にとってはなかなか難
しいものですが、この時期なら、肉眼でも見える「すばる」が彗星を探す目印
になるのです。「すばる」が見つかったら、そのあたりをまず、ぼーっとして
いる彗星を探してみて、それでも見えなかったら、双眼鏡で探してみると良い
でしょう。すばるの星々の鋭い輝きと、ぼーっと雲のように浮かぶ彗星の淡い
輝きの競演は、今年の大きな天体ショーのひとつであることは間違いありませ
ん。

 そこで国立天文台では、多くの人に彗星を観察してもらうため、「ふたご座
流星群を眺めよう」キャンペーンに引き続いて、今度は「マックホルツ彗星見
えるかな?」キャンペーンをおこなうことにしました。
 1月7日~10日の間、肉眼や双眼鏡などですばるのそばに見えるマックホルツ
彗星を観察してもらい、見えたか、見えなかったかの結果を、インターネット
上のキャンペーンページに報告してもらおうというものです。
 「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンでは、2000件を越える報告が集
まり、その集計から日本のどの地方から、どの程度の流星が見えたかがわかり
ました。同じような集計から、日本のどこで彗星が見えたかが、わかるしくみ
です。携帯電話からでも参加できますので、今まで彗星を見たことがないとい
う方も、ぜひチャレンジしてみてください。
 なお、今回の「マックホルツ彗星見えるかな?」キャンペーンは時間帯は特定
していません。ですので、じっくり見てみてください。また、「このキャンペー
ンの前後もちゃんと見ることが出来ます」ので、誤解されないようご注意くだ
さい。

参照:国立天文台「マックホルツ彗星見えるかな」キャンペンページ
    パソコン用 http://www.nao.ac.jp/
    携帯電話用 http://www.nao.ac.jp/i/
   国立天文台「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン結果集計ページ
    http://www.nao.ac.jp/pio/20041213geminids/result.html

      2004年12月27日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース