自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.060: 明け方に木星と金星の接近ショー

 11月上旬、明け方の東の空で天文ショーが見られます。明けの明星(みょうじょ
う)として輝く金星と、木星が接近している様子を見ることができます。

 金星は、マイナス4等級と惑星の中ではとびきり明るく、それだけでとても美
しいものです。これにマイナス1.7等級の木星が加わります。二つの惑星は、次
第に近づいていき、11月5日の早朝に一番接近して見えます。最も接近するのは
11時で、このときのお互いの距離は、なんと0.5度です。ちょうど月の視直径
(見た目の直径)分しか離れていないとい大接近になります。

 金星と木星は、しばしば近づくのですが、ほとんどの場合、太陽の近くで起
きることが多く、これだけ条件がよい接近が見られるのは珍しいことです。前
回、この距離まで接近した二つの惑星が見られたのは、1999年2月23日の夕方で、
それ以来5年ぶりとなります。また、この次に接近が見られるのは4年後の2008
年2月2日早朝まで待たなくてはなりません。

 5日を過ぎると、二つの惑星は再び離れていきます。しかし、今回の天体ショー
には、さらにもう一つの山場が待っています。11月10日には、この離れつつあ
る金星と木星との間に、月がすっぽりと入り込んでしまうのです。月齢26.7と
いう、とても細い月が木星と金星を従えて輝くという、まさに三天体の競演と
いうわけです。暁(あかつき)の茜色(あかねいろ)をバックに、金星・月・木星
が並んで輝く様子は、この上もなく美しい星景色となるに違いありません。な
お、この様子は8日から12日にかけて連続して見てみるのも面白いかと思います。
ぜひ早起きして眺めてみたいものです。

      2004年10月28日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース