No.054: 10月14日の部分日食

 10月14日部分日食が起こります。この日食は、シベリア、中国北部、朝鮮半
島、北太平洋(東部を除く)、アラスカで見られます。日本では九州南部、沖縄
を除く各地で部分日食を見ることができます。

 日本で見ることができる日食としては、2002年6月11日の部分日食以来、2年4
ヶ月ぶりの日食となります。

 今回の部分日食は北に行くほど食分(欠ける度合い)が大きくなり、日食の起
こっている時間も長くなります。ただ、札幌でも最大食分が 0.4 と、あまり大
きくは欠けません。

主な各地の現象の時刻と食分は以下のとおり(平成16年版)

    地名 食始        最大        食終        食分 
    札幌 10時27分15秒 11時31分50秒 12時36分26秒 0.380
    仙台 10時37分57秒 11時38分15秒 12時38分26秒 0.300
    東京 10時45分19秒 11時40分53秒 12時36分19秒 0.239
    京都 10時49分38秒 11時35分51秒 12時22分15秒 0.158
    福岡 11時07分15秒 11時29分33秒 11時51分53秒 0.034

 日食といっても、まだ太陽の大部分が隠されずに残っていますので、観察す
るときには肉眼で見てはいけません。直接見ると網膜が焼けてしまいます。観
察には日食観察用の特殊グラスを使用するか、ピンホールを造って太陽の像を
投影するようにしましょう。使用済みの小さな穴の空いたテレフォンカードや
オレンジカードを太陽にかざし、その後ろに紙をかざすと、穴の数だけ欠けた
太陽像が並ぶので、とてもユニークです。安全には是非注意してください。

 今回の部分日食に続く、次の日食は2005年4月8日(日本時間)に起こる金環皆
既日食で、金環皆既食帯はニュージーランド沖でまり、南太平洋を通り、中南
米に達します。この日食は日本では見ることはできません。次に日本で見られ
る日食は2007年3月19日の部分日食がありますが、僅かに欠けるだけです。その
後2009年7月22日の皆既日食となります。

 今回の日食も何ヶ所かでインターネットによる中継が予定されているようで
す。

参照:Fifty Year Canon of Solar Eclipses(NASA,1987)
   平成16年版 理科年表、天文雑誌各誌
   姫路市宿泊型児童館『星の子館』 久しぶりの日食を見よう
    http://www2.memenet.or.jp/hosinoko/link.html

      2004年10月7日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース