No.042: 地球にニアミスした小惑星 2004 FU162

 小惑星センターが発行する小惑星電子回報(MPEC)2004-Q22号によると、2004
年3月31日(世界時)に、地球中心からわずか1万3000キロメートル、表面からは
約7000キロメートルのところを通り過ぎた天体があったことが報告されていま
す。

 この天体はアメリカ・リンカーン研究所がおこなっている、地球に近づく小
天体を探す観測 "リニアプロジェクト(LINEAR=Lincoln-Laboratory Near Earth 
Asterid)" で発見されました。44分間におこなわれた4つの観測が見つかり、
小惑星センターに報告されましたのですが、すでにその天体が昼間の空にあっ
たため、その後の追跡観測ができませんでした。
 しかし、アメリカのジェット推進研究所(JPL)のチェスリー(S. R. Chesley)
により、軌道計算がおこなわれ、2004年3月31日15時30分頃、地球中心からたっ
た1万3000キロメートルのところを通ったことが判明したのです。

 短い観測時間ながら、軌道が求められたことで、この天体には仮符号「2004 
FU162」が与えられました。通常、小惑星の仮符号は2晩の観測がないと付けら
れませんが、今回は地球に異常にニアミスした天体ということで特別に付けら
れたものと思われます。

 これまでの地球へのニアミスの最接近記録は、2004年3月18日に4万キロメー
トルまで接近した「2004 FH」でしたが、今回はこれを大きく上回りました。こ
の天体は今回のニアミスで、軌道が大きく変わってしまいましたし、観測期間
が短く予報の精度は低いですが、2007年3月末頃、また地球へ接近する可能性が
指摘されています。ただ、この天体の大きさはせいぜい8メートル程度と推定さ
れますので、仮に地球に衝突したとしても、空気中でバラバラになってしまい、
地上に大きな被害をもたらすことはありません。

 今後もこのようなニアミス天体は続々と見つかってくるでしょう。

               小 天 体 の 地 球 接 近 番 付(2004年8月24日現在)

                接近距離      接近日       天体名     推定直径

                1万3000km   2004.03.31   2004 FU162      8m
                4万9000km   2004.03.18   2004 FH        30m
                8万4000km   2003.09.27   2003 SQ222      5m
               10万8000km   1994.12.09   1994 XM1       12m
               11万8000km   2002.12.11   2002 XV90      45m
               12万0000km   2002.06.14   2002 MN        95m
               14万8000km   1993.05.20   1993 KA2        7m
               14万8000km   2003.12.06   2003 XJ7       35m
               16万2000km   2003.09.19   2003 SW130      7m
               16万6000km   2004.07.16   2004 OD4       20m

参照:発見を報じる国小惑星電子回報2004-Q22号
      http://cfa-www.harvard.edu/mpec/K04/K04Q22.html
   地球に接近した小惑星のリスト
      http://cfa-www.harvard.edu/iau/lists/Closest.html
   さじアストロパーク天文ニュース No.119
      http://www.vill.saji.tottori.jp/saji103/NEWS/news0119.htm

      2004年8月26日            国立天文台・広報普及室
----------------------------------------------------------------------
※この情報は鳥取県さじアストロパークの織部隆明(おりべたかあき)さんより、
 いただきました。

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース