No.021: 出現するか? 梅雨空の流星群

 梅雨空が続いていますが、梅雨の晴れ間には思いがけず星がよく見えること
があります。雨が大気中の塵や埃を洗い流すからですが、今年は、それに加え
て、もしかすると流れ星にも出会えるかも知れません。6月のうしかい座流星群
です。

 うしかい座流星群は、それを引き起こす彗星の名前をつけて、ポン・ウイン
ネッケ流星群とも呼ばれています。1920年代頃にはしばしば盛んな出現を見せ
ていましたが、近年はほとんど出現しない衰退群とされていました。ところが、
1998年に予期せぬ出現があり、日本でも梅雨の晴れ間をぬって、一時間に数十
個から多い時には100個もの流れ星が見られたのです。突然の出現に、研究者も
驚きましたが、このような流星出現の予測も理論的に解明されつつあります。
そして、複数の研究者によって、今年は6月23日から24日にかけて、この流星群
が活動すると予想されているのです。極大は日本時間の23日の20時から24時頃
といわれています。

 こういった最新の理論では、流星の出現日時は正確に予想できるのですが、
流星数の予想はまだまだ難しいといわれています。実際にどの程度の出現があ
るのか、全く予想できませんが、23日が梅雨の晴れ間にうまく当たったら、流
れ星を期待して夜空を眺めてみるのも楽しいかも知れません。

参照:J. Vaubaillon 氏による予報のページ
    http://www.imcce.fr/s2p/JBO/2004JBO.html
   スカイアンドテレスコープ誌 流星のページ
    http://skyandtelescope.com/observing/objects/meteors/article_1280_1.asp

     2004年6月17日                          国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース