自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.009: ブラッドフィールド彗星、太陽観測衛星で見え始める

 国立天文台アストロ・トピックス(6)で紹介した新彗星、ブラッドフィールド
彗星(C/2004 F4)の姿が太陽に近づき、尾を延ばした姿が太陽観測衛星の視野に
はいってきて、インターネット上の画像で眺めることができるようになりまし
た。

 この彗星は、4月13日に日没直後の西の地平線近くで、約3等級という明るさ
で輝いていましたが、その後、太陽にどんどん近づいていったために見えなく
なってしまっていました。これから、4月下旬になって日の出前の東の地平線に
姿を現すまでは、地上では観測できないわけです。

 ところが、このブラッドフィールド彗星は、太陽に非常に近づくタイプの軌
道を持っています。太陽に最接近する4月17日には、その距離が 0.16 天文単位
となります。その前後には、太陽観測衛星である宇宙天文台ソーホー(SOHO)に
よって観測されるのでは、と期待されていました。ソーホーは、コロナグラフ
と呼ばれる装置を搭載しており、太陽そのものを覆い隠して、その周りのコロ
ナを常時観測しています。これまでも太陽に近づいて明るくなった彗星が多数、
発見されています。このコロナグラフの画像は、リアルタイムでインターネッ
ト上に公開されており、誰でも見ることができるようになっています。

 16日早朝、ブラッドフィールド彗星が、尾をのばした彗星らしい姿となって、
そのコロナグラフの視野に入ってきました。17日の最接近を挟んで、ここ数日
は、このコロナグラフの C3 と呼ばれる画像で、誰でもブラッドフィールド彗
星を楽しむことができるでしょう。

参照:太陽観測衛星ソーホーのコロナグラフリアルタイム画像
    http://lasco-www.nrl.navy.mil/realtime.html
    http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/
     ※ 彗星を見るには「C3」というコロナグラフの画像をご覧ください

      2004年4月16日            国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース