自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

No.006: 明るい新彗星の発見 ~ 彗星ラッシュに ~

 前回のトピックスでも紹介したように、この春は肉眼で見える可能性がある
彗星がふたつもあると話題になっていることろですが、なんともうひとつ明る
い新彗星が発見され、彗星ラッシュの様相を呈してきました。

 オーストラリア在住のブラッドフィールド(W.A. Bradfield)さんは、3月23日
と24日の二日にわたって、25センチメートル反射望遠鏡を用いた眼視捜索によ
り、日没直後の低空で8等級に輝く彗星状の天体を発見しました。場所はくじら
座でしたが、発見時のスケッチと星図との同定に手間取ったことと、その後の
悪天候により、国際天文学連合への発見通報がなされたのは3月28日でした。そ
の後、4月8日にブラッドフィールドさん本人によって、再観測が、続いてオー
ストラリアのサイディング・スプリング天文台などで確認観測が行われ、晴れ
てブラッドフィールド彗星(C/2004 F4)の誕生となったものです。4月13日の観
測では、すでに約3等星の肉眼彗星となっており、月の直径ほどの尾が伸びてい
るようです。

 この彗星は、日没直後の西の低空で次第に観測しにくくなっていきますが、
太陽に接近し、約1~2等級まで明るくなります。この頃には地上から見るのは
無理ですが、太陽観測衛星であるSOHOなどが捉える可能性があります。その後、
4月下旬になると明け方の東の低空に顔を出します。この時期には、リニア彗星
(C/2002 T7)も同じ東の地平線付近で見えているはずです(国立天文台 アストロ
・トピックス(5))ので、5月下旬の西空での二大彗星ランデブーより一足早く、
二つの彗星が並ぶ姿を見ることができるかもしれません。

 国際天文学連合回報による暫定的な放物線軌道と、それによる予報位置は次
のとおりです。

 COMET C/2004 F4 (BRADFIELD)

 近日点通過時刻 = 2004 Apr. 17.12 TT  近日点引数 = 332.49 度
                               昇交点黄経 = 222.66 度 (2000.0)
 近日点距離   = 0.1690 AU           軌道傾斜角 =  63.21 度

   日付     赤経(2000.0)赤緯   地心距離  日心距離  太陽離角   明るさ
   2004     時  分      度 分       AU      AU       度       等
Apr. 13     2 06.59   - 0 07.6   1.005    0.238    13.6     3.3
     15     2 00.31   + 1 51.7   0.923    0.191    10.3     2.4
     17     1 48.03   + 5 43.1   0.856    0.169     5.1     1.9
     19     1 32.28   +11 17.5   0.830    0.186     4.0     2.1
     21     1 18.89   +16 57.2   0.845    0.231    10.3     2.9
     23     1 09.74   +21 44.3   0.882    0.287    15.8     3.7
     25     1 04.02   +25 36.7   0.929    0.346    20.1     4.4
     27     1 00.66   +28 46.2   0.980    0.404    23.4     5.0
     29     0 58.90   +31 23.7   1.031    0.462    26.2     5.6
May   1     0 58.23   +33 37.4   1.081    0.518    28.5     6.0
      3     0 58.32   +35 33.3   1.130    0.573    30.4     6.5
      5     0 58.93   +37 15.3   1.177    0.626    32.1     6.8

 なお、ブラッドフィールドさんは、70年代から活躍している有名なコメット
ハンターで、1995年ブラッドフィールド彗星(C/1995 Q1)以来、9年ぶり18個目
の彗星発見となります。

参照:IAUC 8319(April 12, 2004).
      IAUC 8320(April 12, 2004).

    2004年4月13日             国立天文台・広報普及室

国立天文台 メールニュース

国立天文台 アストロ・トピックスは、2010年6月まで発行していたメールニュースです。2010年7月からは、「国立天文台 メールニュース」として装いも新たにし、注目いただきたいトピックスの主要な内容とその詳細情報の参照先をお届けしています。

国立天文台 メールニュース