自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

環状星雲を包む微かなハロー 惑星状星雲 M57

天体写真・

環状星雲を包む微かなハロー 惑星状星雲 M57

Suprime-Cam(シュプリーム・カム)で撮られた惑星状星雲M57の画像です。右の写真で見られるように、リング状の形状から「Ring Nebula」「環状星雲」という名前で知られているM57ですが、すばる望遠鏡で観測すると、明るいリングの外側にさらに二重三重にM57を取り囲む淡いガス雲が存在していることがわかってきました(写真左)。

筆者の記憶に初出するM57はシュミットカメラの写真乾板に写ったM57でした。広い視野の中にポツンと写る小さなリングの姿を見て 「メシエ天体といえどもこんなものなのか」と思ったものですが、立ちあげ期のすばる望遠鏡で撮られたM57の画像に複雑で微細な構造が隠されていたことを知ったときは大きな衝撃を受けました。8メートル級望遠鏡の威力を痛感させられた天体です。

文:小宮山 裕(ハワイ観測所)