質問5-9)2013年2月16日に接近する小惑星 2012 DA14とは?

概要

小惑星 2012 DA14は近地球型小惑星のひとつです。2012年2月23日、スペインのラ・サグラ天文台で発見されました。この小惑星の直径は45メートル、質量は13万トンと推定され、地球と似た軌道で太陽を回っています。

NASA | Asteroid 2012 DA14 Close Approach

地球への接近

地球へ最も近づくのは2013年2月16日午前4時24分頃(日本時間)で、スマトラ島近傍の西インド洋上空、約27700キロメートルになります。

小惑星 2012 DA14の軌道は精度よく求められています。軌道の誤差を考えても、地表から27650キロメートルより地球には近くなることはありません。

見え方

2013年2月16日(日本時間)に地球に最接近し、最大7等級まで明るくなると考えられています。

日本では2013年2月16日午前3時30分から午前4時前後に南西の空に見え始め、北へ移動します。およそ1分間に満月2個分ほどの速度で、ゆっくりと移動する様子を観察できるでしょう。その後、午前5時前後に薄明がはじまって空が明るくなり、次第に見えなります。

なお、各地の日の出日の入り時刻については、暦計算室のサイトで調べることができます。

国立天文台 三鷹(東京都三鷹市大沢)での小惑星 2012 DA14 の見え方

最も明るいときで7等級という予想のため、暗すぎて肉眼で観察するのは不可能です。双眼鏡や視野の広い望遠鏡を使うと観察しやすいでしょう。それでも、都市部などの空の明るいところでは観察できないかもしれません。

関連リンク