自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

ほしぞら情報 2015年2月

目次

東京の星空

東京の星空(2015年月中旬午後8時頃)
大きなサイズで見る

カレンダー(2月)

3日節分
4日満月 / 立春(太陽黄経315度)
7日木星が衝
11日水星が留 / 建国記念の日
12日下弦
19日新月 / 雨水(太陽黄経330度)
25日水星が西方最大離角
26日上弦 / 海王星が合

惑星

水星
上旬、中旬は太陽に近く観察には適しません。25日に西方最大離角となり、このころは日の出直前の東の低空に見えますが、高度はあまり高くなく観察は難しいでしょう。
金星
日の入り後の西の低空に見られ、あまり高度は高くありませんがとても明るく目立ちます。下旬には見かけ上火星と近づきます。明るさはマイナス3.9等~マイナス4.0等。
火星
うお座にあり、日の入り後の西の空に見えています。下旬には見かけ上金星と接近します。明るさは1.2等~1.3等。
木星
しし座からかに座へと移ります。7日に衝を迎え、日の入り後の東の空に昇ってきます。明るさはマイナス2.6等~マイナス2.5等。
土星
さそり座にあり、下旬になると夜半過ぎに南東の空に昇ってきます。明るさは0.5等。

参照:暦計算室ウェブサイト

「今日のほしぞら」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。こよみ用語解説天象の項では、最大離角、衝、合、留などの惑星現象の用語について解説しています。

トピックス

木星と月の接近

2015年2月4日21時頃 東京の星空
大きなサイズ

しし座とかに座の間で輝く木星が2月7日に衝となり、マイナス2.6等の明るさでほぼ一晩中夜空に見えています。この木星に、2月3日、4日とほぼ満月の明るい月が近づきます。星座を形作る星々は明るい月の光の影響で見えにくくなりますが、明るい木星が月明かりにも負けずに輝いているようすがわかるでしょう。

木星はこれから春にかけて観望の好期となります。

夕空の金星と月

夕空の金星と月
大きなサイズ

日の入り後の西の空には、宵の明星・金星がたいへん明るく輝いています。2月20日には月齢1.4の、21日には月齢2.4の細い月が金星の近くに輝き、とても美しい眺めになります。また、金星のすぐ近くには、明るさ1.3等の赤い色の火星がぽつりと寄り添うように輝いています。金星に比べるとあまり目立ちませんが、2つの惑星が並ぶようすにも注目しましょう。

カノープスを見つけよう

大きなサイズ

りゅうこつ座の1等星カノープスが見つけやすい時期です。 カノープスは、日本(北日本を除く)では南中の頃でも地平線すれすれの低空にしか見えません。北日本では地平線より上に昇らないため、見つけることができません。南の地域ほどカノープスを見つけやすくなります。

カノープスは本来は白い色の1等星ですが、空低く見えることから赤っぽい色に見えます。よく晴れた夜は、南の空が開けた場所で、冬の大三角やおおいぬ座のシリウスを目印にして、南の地平線すれすれに昇るカノープスを見つけてみましょう。

表:
場所南中高度南中時刻(1日)南中時刻(11日)南中時刻(21日)
那覇11.2度22時08分21時29分20時49分
福岡3.9度21時57分21時18分20時38分
京都2.5度21時36分20時56分20時17分
東京1.9度21時20分20時40分20時01分
福島0.1度21時17分20時38分19時58分

※南中高度は大気差を考慮したもの