自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

「ふたご座流星群を眺めよう 2017」キャンペーンの集計結果を公開

トピックス

図:「ふたご座流星群を眺めよう 2017」キャンペーン特設サイト
「ふたご座流星群を眺めよう 2017」キャンペーン特設サイト

12月12日の夜から15日朝まで実施した「ふたご座流星群を眺めよう 2017」キャンペーンの集計結果を公開しました。

最終集計結果を見る

今回のキャンペーンには、全部で2569件(うち有効2263件)の観察結果をいただきました。

「悪天候」の報告は9.1パーセントと少なめでした。12日から13日の夜、13日から14日の夜は、太平洋側の比較的広い範囲で晴れていましたが、14日から15日の夜は曇った地域が多かったようです。地方別では、関東地方、四国地方、九州地方で天気がよく、東北地方、中国地方で天気があまりよくなかったようです。

1時間ごとの流星数の変化を見ると、13日から14日の夜に最も流星の数が多く、14日から15日の夜も、観察数が少ないために確実ではないものの、かなりの数の流星が観察されています。13日から14日の夜は、20時頃から徐々に流星数が増え続け、14日4時台に最大となっています。

今年のふたご座流星群の活動は、比較的活発だった模様です。

さらに詳しい情報に興味のある方は、集計結果をご覧ください。

関連リンク