自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

太陽天体プラズマ研究部

Division of Solar and Plasma Astrophysics

太陽は、地球からたった1億5千万キロメートルのところにある恒星です。地球が凍りついてしまわず、生命にあふれているのも太陽が放射するエネルギーのおかげです。また太陽では、黒点の周辺で「フレア」と呼ばれる大爆発が起こることがあり、約1日後には爆風が地球に到達して磁気圏を揺らし、オーロラを起こしたりします。太陽天体プラズマ研究部では、太陽の内部や表面、外側のコロナ中で起こる様々な現象のメカニズムと地球への影響を理解するため、多様な観測手段を用いて研究を進めています。太陽観測衛星「ひので」と太陽観測所、野辺山太陽電波観測所との共同観測により、「生きている太陽の素顔」に迫りたいと思っています。

公式サイト