自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

岡山天体物理観測所

Okayama Astrophysical Observatory

岡山天体物理観測所 188cm望遠鏡

国内最大級の口径188cmの反射望遠鏡を中心に、銀河・恒星・太陽系天体などの光学赤外線観測・研究を推し進めています。とくに、恒星や星間物質の物理状態の解明、太陽系外の惑星探索などで優れた成果を挙げています。また、口径91cm反射望遠鏡を用いた銀河系構造の解明、口径50cm反射望遠鏡による変光天体や活動的な天体の機動的な観測など、特徴ある研究も行っています。

観測機器開発にも力を入れており、赤外線分光装置、赤外線超広視野カメラ、ファイバー光伝送系など、宇宙を見る新しい目も次々と開発しています。光学赤外線天文学の国内基地として、大学と連携したユニークな研究・開発とともに東アジアの天文学連携など国際的な貢献も積極的に進めています。

所在地

  • 〒719-0232
  • 岡山県浅口市鴨方町本庄3037-5
  • 0865-44-2155(代表)

公式サイト