自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

野辺山宇宙電波観測所

Nobeyama Radio Observatory

45m電波望遠鏡

野辺山宇宙電波観測所には、直径45メートルの電波望遠鏡があります。波長が1から10ミリメートルのミリ波と呼ばれる電波を観測するための望遠鏡としては、世界最大級の電波望遠鏡です。電波望遠鏡を使うと、人間の目(可視光)では見ることができない宇宙の姿を明らかにすることができます。例えば、星を作る材料である星間ガスの塊(分子雲)は、温度が低く可視光で見ることはできませんが、電波望遠鏡では分子雲の形や動きを調べることができ、銀河の中で様々な星がどのように誕生するのかといったことを探ることができます。それ以外にも、45メートル電波望遠鏡は渦巻銀河NGC4258の中心部に存在する超巨大ブラックホールの発見や、いろいろな星間分子の発見など多くの成果をあげてきました。チリ観測所のアステ(ASTE)望遠鏡やアルマ(ALMA)望遠鏡とも連携して、今まで知られていなかった宇宙の姿を明らかにしていきます。

公式サイト

所在地

  • 〒384-1305 長野県南佐久郡南牧村野辺山462-2
  • 0267-98-4300