自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

太陽系外惑星探査プロジェクト室

Extrasolar Planet Detection Project Office

太陽系の外にある恒星を周回する惑星(系外惑星)は、1995年の発見以来すでに1000個以上が報告されていますが、惑星を直接に画像に写した例は極めて限られています。私たちの太陽系を遠方から眺めるように惑星系を直接観測することは究極の観測法として期待されています。そのためには、明るい恒星のすぐ近くにある暗い惑星を調べる特別な技術(高コントラスト技術)が必要になります。また、近くの恒星のまわりの「第2の地球」の探査は現在でも未開拓です。太陽系外惑星探査プロジェクト室は、現行のすばる望遠鏡や将来の宇宙望遠鏡計画による高コントラスト観測を実現し、さらに、赤外線を活用した地球型惑星探査装置を開発し、巨大惑星から地球型惑星へと、ステップを経て系外惑星とその誕生の場の研究を推進します。宇宙で私たち人類は特別な存在なのか、それとも、生命が育まれているような第2の地球は存在するか、といった問いに答えたいと考えています。

公式サイト