自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

チリ観測所

NAOJ Chile Observatory

アルマ望遠鏡

アルマ望遠鏡(ALMA)を完成させてその科学運用をしっかり支え、そこからすばらしい科学的成果を生み出すために、チリ観測所は2012年4月に発足しました。日本・台湾・韓国、北米、欧州およびチリの国際協力によってアンデス山中の標高5000メートルの高地に建設されたアルマ望遠鏡は、口径12メートルおよび7メートルの合計66台のパラボラを組み合わせることで、ミリ波やサブミリ波という波長の短い電波で天体を観測する画期的な望遠鏡です。ビッグバン直後の銀河の誕生や、いまも続く惑星系の誕生、そして宇宙の中で生命が誕生した歴史など、重要な研究分野で続々と成果を挙げています。チリ観測所は、チリでアルマ望遠鏡の運用・保守を分担するとともに、口径10メートルのASTEサブミリ波望遠鏡の運用も行い、三鷹の「東アジアアルマ地域センター」では、全国の研究者がどんどんアルマ望遠鏡を使って研究できるようお手伝いをしています。

アルマ望遠鏡 公式サイト

アステ望遠鏡 公式サイト