自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

先端技術センター

Advanced Technology Center

天文学の進歩は新しい観測手段の開発によってもたらされます。国立天文台が推進するプロジェクトの実現には、つねにその時代の限界に近い技術課題を解決していく必要があります。また、先の時代を見据えた基礎技術の開発もたいへん重要です。このため、超伝導受信機や大型衛星搭載装置などの開発が可能な大型で高度なクリーンルーム、先端的な光学試験設備、最新鋭の精密工作装置、特殊コーティング装置など世界最高水準の設備が整備され、共同利用も含めて活用されています。これまで、Hyper Suprime-CamやALMA受信機などがセンターで開発・製作されています。今後は、TMTの焦点面観測装置や、かぐら重力波望遠鏡を中心として次世代観測装置に必須の基礎技術の開発にも取り組んでいます。

公式サイト