自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

すばる望遠鏡に関する2つの講演会

お知らせ

1999年の観測開始以降、世界中の天文学者たちの研究に利用され多くの成果を上げてきたすばる望遠鏡。国立天文台は、たびたび「すばる望遠鏡公開講演会」を開催してその研究成果を紹介してきました。今回は長野県松本市と広島県広島市にて、地元の大学や科学館と共催で開催します。それぞれの地元を拠点とする研究者と国立天文台の研究者が、すばる望遠鏡を用いた研究成果や観測の現場について講演を行います。

すばる望遠鏡×信州大学公開レクチャー「信州発ハワイ経由、銀河研究の旅」

日時
2016年11月23日(水曜日・祝日)午後2時から午後3時30分(開場 午後1時30分)
会場
信州大学 松本キャンパス 経法学部講義棟2階 第2講義室(長野県松本市旭3-1-1)交通アクセス
参加費
無料
定員
350名
参加方法
事前のお申し込みは必要ありません。当日直接会場にお越しください。
主催
自然科学研究機構 国立天文台
共催
信州大学
後援
松本市教育委員会
内容
講演1:ハワイの白い山から宇宙に手を伸ばす
藤原英明(国立天文台ハワイ観測所 サイエンティスト)
講演2:すばる望遠鏡で挑む100億光年かなたの天体の立体視
三澤透(信州大学全学教育機構 准教授)
公式サイト
すばる望遠鏡×信州大学公開レクチャー「信州発ハワイ経由、銀河研究の旅」のご案内

すばる望遠鏡×広島大学 公開レクチャー

日時
2016年11月27日(日曜日)午後1時30分から午後4時(開場 午後1時)
会場
広島市こども文化科学館 アポロホール(広島県広島市中区基町5-83)アクセス
参加費
無料
定員
230名
参加方法
ご参加には往復はがきでの事前のお申し込みが必要です。(お申し込み多数の場合は抽選となります)参加のお申し込みの締め切りは2016年11月13日(日曜日) です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
申し込みは終了しました
内容
講演1:星はすばる、銀河はすばる
児玉忠恭(国立天文台光赤外研究部/ハワイ観測所 准教授)
講演2:“ダーク”な宇宙にGO
岡部信広(広島大学学術院/大学院理学研究科 助教)
主催
広島大学宇宙科学センター
共催
自然科学研究機構 国立天文台、広島大学、広島市こども文化科学館、文部科学省 科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業 未来を拓く地方協奏プラットフォーム
公式サイト
すばる望遠鏡×広島大学 公開レクチャー 開催のお知らせ