自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

質問1-11)札幌よりも京都のほうが日の出が早くなることがあるのはなぜ?札幌よりも京都のほうが日の入が早くなることがあるのはなぜ?

日の出や日の入の時刻は、ふつうに考えると、東よりも西の地域のほうが遅い、と思う方が多いのではないでしょうか。もし太陽が1年中真東から出て真西に沈むのでしたら、東にある地域から順に日の出・日の入を迎えます。

しかし、日の出・日の入が同じ時刻になる地域を結んだ図を作ってみると、冬至の頃は、南東から順に日の出を迎え、夏至の頃は、南東から順に日の入を迎えることがわかります。それは、季節によって太陽がのぼる(沈む)方角が異なるからです。夏は真東よりも北寄りからのぼり、冬は真東よりも南寄りからのぼってきます。日の入の場合は、夏は真西よりも北寄りに沈み、冬は真西よりも南寄りに沈むみます。

以上のような理由により、例えば、札幌と京都を比べてみると、冬至の頃は、京都のほうが少し日の出が早くなり、夏至の頃は、京都のほうが日の入が少し早くなるのです。下の図を見てみると、春分・秋分の日以外は、必ずしも、西にある地域が、日の出や日の入が遅くなるとは限らないことがわかりますね。

日の出時刻地図

画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。

春分 夏至
春分の日の日の出時刻地図 夏至の日の日の出時刻地図
秋分 冬至
秋分の日の出時刻地図 冬至の日の日の出時刻地図
1月1日
1月1日の日の出時刻地図

日の入時刻地図

画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。

春分 夏至
春分の日の日の入時刻地図 夏至の日の日の入時刻地図
秋分 冬至
秋分の日の入時刻地図 冬至の日の日の入時刻地図
1月1日
1月1日の日の入時刻地図