自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

4D2Uドームシアター

最新の研究成果を迫力立体ムービーで

4D2Uドームシアター

4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2Uプロジェクト)では、天体や天体現象を空間3次元と時間1次元の4次元で「4次元デジタル宇宙コンテンツ」を作成しています。スーパーコンピュータによるシミュレーションのデータや、最新の観測装置から得られるデータを、科学的に可視化した立体映像で提供しています。

天文学の対象である宇宙の空間と時間のスケールは莫大です。さまざまな空間スケールでそれぞれの構造があり、空間に対応した時間スケールで変化しています。科学的に正しい映像により、そのような宇宙の構造や進化を文字通り「目のあたり」にすることができます。

4D2Uドームシアターでは、団体向け上映(毎週水曜日と金曜日)と定例公開(月に4回)を行っています。ともに事前予約が必要です。

4D2Uシアター定例公開ウェブサイト

概要

4D2Uドームシアター
ドーム直径10メートル
投映方式アクティブ・シャッタ方式
座席数40
建設2007年(平成19年)