自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

アルマ望遠鏡(山麓施設)

ALMA OSF

アルマ望遠鏡

アルマ望遠鏡は南米チリのアタカマ高地にある、世界最大級の電波望遠鏡群です。

アルマ望遠鏡では、標高2900メートルの山麓施設(チリ北部サンペドロ・デ・アタカマから50キロメートル)への一般見学を受け入れています。山麓施設では、パラボラアンテナのメンテナンスの様子や、望遠鏡を制御するコントロールルーム、研究室やアンテナのトランスポーター(運搬台車)を見学することが可能です。
なお安全上の理由により、標高5000メートルにあるアルマ望遠鏡の山頂施設(AOS)の一般見学はお断りしております。

見学案内

概要
毎週土曜日・日曜日に見学が可能です(事前申込制)。見学内容、申し込み方法の詳細はウェブサイトをご覧ください。
ウェブサイト
アルマ望遠鏡一般見学

アルマ望遠鏡山麓施設所在地