自然科学研究機構 国立天文台

メニュー

検索

歴史

日本で継続的に星の観測をするようになったのは、江戸時代後期、幕府天文方の浅草天文台からでした。

明治時代になり、本郷の東京大学構内に学生の実測用に天文台が作られ、明治21年(1888年)に港区麻布に東京天文台が作られました。その後、大正13年(1924年)に、天文台は三鷹へ移転しました。

初期の天文台の主な仕事は、星を観測して経緯度の決定、暦の計算、時間の決定を行うことでした。これは明治時代の国策として始まりましたが、現在も天文台の仕事の一部として続けられています。

昭和63年(1988年)、東京天文台は水沢の緯度観測所などと一緒になり、国立天文台となりました。さらに国立天文台は文部省、文部科学省の管轄を経て平成16年(2004年)4月1日より法人化し、大学共同利用機関法人自然科学研究機構国立天文台となりました。

略歴
出来事
1888年(明治21年)6月 東京天文台の設置(麻布飯倉)
1899年(明治32年)9月 緯度観測所(水沢)の設置
1909年(明治42年)3月 三鷹に土地購入
1914年(大正3年) 三鷹の建設工事開始
1916年(大正5年) 三鷹本館起工
1920年(大正9年) 太陽写真儀室竣工
1921年(大正10年) 第一赤道儀室竣工
1921年(大正10年) 三鷹本館竣工
1925年(大正14年)2月 「理科年表」刊行開始
1926年(大正15年) 大赤道儀室竣工
1929年(昭和4年)11月 65cm赤道儀設置
1930年(昭和5年)2月 太陽分光写真儀室(アインシュタイン塔)建築完了
1946年(昭和21年)1月 「暦象年表」の刊行
1949年(昭和24年) 乗鞍コロナ観測所開設(1950年7月 開所式)
1960年(昭和35年) 岡山天体物理観測所観測開始(4月 91cm反射望遠鏡テスト観測、11月 188cm反射望遠鏡観測開始)
1962年(昭和37年)12月 堂平観測所観測開始(11月1日 開所式)
1969年(昭和44年) 野辺山太陽電波観測所観測開始(10月9日 開所式)
1982年(昭和57年) 野辺山ミリ波電波望遠鏡観測開始(3月1日 野辺山宇宙電波観測所 開所式)
1988年(昭和63年)7月1日 国立天文台発足
1992年(平成4年) 野辺山電波へリオグラフ観測開始
1998年(平成10年)7月23日 太陽塔望遠鏡(アインシュタイン塔)が国の有形文化財に登録
1999年(平成11年)1月 ハワイ観測所すばる望遠鏡ファーストライト(9月17日 開所式)
1999年(平成11年)8月6日 重力波検出用干渉計(TAMA300)観測開始
2000年(平成12年)3月 堂平観測所閉所
2000年(平成12年)7月20日 三鷹キャンパス常時公開開始
2001年(平成13年)4月5・6日 国立天文台、欧州南天天文台、全米科学財団の3機関において、ALMA計画が合意
2002年(平成14年)2月14日 第一赤道儀室、大赤道儀室が国の有形文化財に登録
2004年(平成16年)4月1日 大学共同利用機関法人自然科学研究機構発足
2011年(平成23年)6月27日 レプソルド子午儀が重要文化財に指定
2011年(平成23年) ALMA望遠鏡初期科学観測開始
2014年(平成26年) 国立天文台レプソルド子午儀室(子午儀資料館)、国立天文台ゴーチェ子午環室、国立天文台ゴーチェ子午環第一子午線標室、国立天文台ゴーチェ子午環第二子午線標室、国立天文台旧図庫及び倉庫(旧図書庫)、国立天文台門衛所、国立天文台表門が国の有形文化財に登録